クリーニングに出す前のチェックポイント

クリーニング店に衣類を持ちこむとき、覚えていた方がよいチェックポイントをご存知ですか?これを知っているだけで、クリーニングに関するトラブルを大幅に減らすことができるんです。大事な衣類を守るためにも、上手な出し方を覚えておきましょう。

衣類の状態、ポケットの中身をチェック

まず、衣類の状態をチェックします。シミがあれば場所を確認し、お店に伝え忘れないよう紙に書き出しておくと良いでしょう。とくに見落としやすいのがポケットの中身。物を入れっぱなしにしておくと、貴重品の紛失やクリーニング時のトラブルになることもしばしば。ジャケットなどにはたくさんポケットがあるので、一つ一つしっかり確認します。また、ポケットの内側が汚れていたら、軽くブラシで掃除しておくと仕上がりが良くなりますよ。

ボタンやほつれの有無をチェック

衣類についているボタンが取れかかっていたら、できるだけつけ直しておきましょう。そのヒマがない時は、取り外しておくようにします。カフスボタンや飾りボタンなど、特殊なボタンは破損したり変質してしまう恐れがあるため、あらかじめ外しておくか、クリーニング店に注意を促しておきます。また、ニット類などで穴があいている場合は、クリーニング中に広がってしまう可能性があるので、仮止めをしておくことをオススメします。

上下セットは一緒に出そう

スーツなど上下がセットになっている衣類は、常に同時にクリーニングに出すと◎。「上着はキレイだから、ズボンは穿いてないないから・・・」と別々に出していると、次第に上下の色合いが変わってきてしまいます。洗い上がりを均一にし、長く着用するためにも守っておきたい事項です。

大事な情報をしっかり伝えましょう

クリーニングに出す前にチェックした事項を、きちんとお店側に伝えましょう。シミや汚れがあるならその場所、何の汚れであるか、いつ頃ついたのかを具体的に伝えます。その情報によってシミ抜き方法などが変わってくるため、なるべく細かくチェックしておくことをオススメします。

他にも、ほころんでいる部分、装飾品の有無、衣類を購入したショップで言われた注意事項なども、あればきちんと伝達します。大事な衣類を守るためには、クリーニング店まかせにするのではなく、「自分できちんと衣類を管理する」という意識が大切です。