信用できるお店を見分けるには

クリーニング店は、「クリーニング業法」という法律に基づいて業務を行っています。業務を管理するのは、基本的に「クリーニング師」と呼ばれる国家資格を持つ人たち。衣類の受け渡し、機械などを使ってのクリーニング作業などを請け負う責任者的役割です。「洗濯物の処理を行う施設」には、必ず一人この資格者が以上いなければなりません。

しかし、ここ最近「無店舗のクリーニング業者」が増えているそうです。これは、電話やメールなどで衣類を引き取り、工場などでクリーニング処理をして返すというサービス。確かに便利ではありますが、本当にきちんとした設備でクリーニング作業を行っているのか、資格者はいるのかなど、不透明な部分が多いため、トラブルも多いそう。宅配クリーニング店の中にも、同じような悪徳業者がいるらしいので、気をつけたいところです。

LDマーク、Sマークを参考にする

法律に基づいたクリーニング業務をしているのか、信頼できるた業者なのか、その目安がなかなか分かりにくいのが宅配クリーニング店のデメリット。そこで参考にしたいのが、「LDマーク」や「Sマーク」です。

LDマーク

LDマークとは、全国クリーニング生活衛生同業組合が作成した、加盟店を表すマーク。「L」は「Laundry」、「D」は「Drycleaning」を表しています。加盟店は、クリーニング総合研究所で研究した技術の指導を受けているようです。また、LDマークのお店では、トラブルが発生して賠償などが生じた時、「クリーニング事故賠償基準」に基づいて対応を行います。

Sマーク

Sマークとは、厚生労働大臣の認可を受けて設定されている標準営業約款制度に基づいて営業しているお店につけられます。クリーニング店だけでなく、理容店や美容室、飲食店などにも導入されているマークです。Sマークの「S」は「Safety=安心であること」「Sanitation=清潔であること」「Standard=確かな技術であること」。

これらのマークの登録には様々な基準があるので、一定の基準をクリアしているお店ということで、安心して衣類を任せられる目安になると思います。

信頼できるお店を紹介しています